盛岡 派遣看護師

診察拒否が出来ないドクターも大変ですね。医師法で診察拒否は出来ない事になっているから、どんなに理不尽な事をされても患者さんを拒否する権利がないんですよね。

医師法というのがあるんですけど、その中で、患者さんが診察を希望した時に、医療従事者は拒否する事が出来ない、
と決められているんですよ。
これは、患者さんが皆平等に医療を受ける事ができるようにする為にも、患者さんを守る為にも、
必要な事だと思っています。
でも、その医師法がある事で、医療従事者が苦しむ事になってしまうケースもあるんですよ。

 

患者さんにはいろいろな方がいますよね。
中には不正な医療行為を受けようとする方もいるんですよ。
例えば、生活保護を受けている方は、医療費がタダですよね。
それをいい事に、大量の薬をドクターに処方してもらおうとする方もいるんです。
そうやって大量に処方してもらった薬を、売りさばいている、という酷い事をしている方もいるんですよ。
さらに、治療が難しい病気を治せと無理な事を言って、症状が悪化した事をドクターのせいにしたり、
自分の思うように回復しない事で、ドクターに暴言を吐いたり暴力をふるう患者さんもいるんです。
でも、医師法で決められているので、どんなに理不尽な事を言う患者さんがいても、ドクターは拒否をする事ができないんですよね。

 

ドクターは大変ですよね。
拒否出来ないから、犯罪の片棒を担ぐ様な事をされたり、暴力だなんて、これでは診察するのも命がけです。
最近、このようなモンスターペイシェントが増えているんですよ。
こんな事では、仕事を辞める医療従事者が増えてしまい、ますます人手不足になってしまいますよね。
このような状況が沢山あるんだと言う事を把握してもらって、医療従事者が守られるような法律も作って欲しいと思うんです。
そうしないと、看護師ばかりでなくドクターも不足してしまって、医療機関がもっと酷い事になってしまいそうです。